2011年08月27日

安心な量の放射線でも細胞への影響は変わる

     
天災での原発事故は国が補償するので東電は災害補償の責任はない?



「馬鹿いっちゃ、いけません!」





学者たちが想定の見直しを


助言していたのを無視し、対処を怠った東電による人災です。






パニックを避けるために政府は


「今の段階では問題ない」といい続けています。






しかし、煽るつもりはありませんが、


一触即発の危機状態にあるといっても過言ではありません。






今すぐに放射能の被ばくの結果


現れるのではなく、遠く世代に引き継がれることなのです。







いつもと変わらぬ太陽の下で洗濯ものを干してもよいのでしょうか?



こどもは外で、思いっきり運動?



散歩してもよいのでしょうか?






体内に入る放射線量が同じであっても、


栄養状態によっても、細胞への影響は変わります。






特に放射線を強く受けた場合には栄養状態が大きく影響するのです。






この様に、安心な量の放射線であっても


栄養状態によって体への影響は同じではないのです。






放射線物質から自分や家族の身を守る唯一の方法でくわしく。


 詳細はこちらをクリック http://78q.biz/0/dk2q3/




 山田博士の「放射性物質対処法!即実践マニュアル10」

 トイレのあとにおこる軽い尿漏れ・軽失禁を今日からスッキリ解消する!男の尿漏れ改善マニュアル

 誰も教えてくれなかった「原発」のしくみ




posted by kazugen at 05:00| 放射能汚染 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。