2011年07月25日

体質の違いで、放射線の影響は変わる

     
覆いも何もされていない貯水池!?





或いは川から引き込まれて


家庭に運ばれる水道水は本当に安全なのでしょうか?






わたしたちは専門家ではないので


「これ位の量なら食べても安全」と、


放射線量の細かい数字を言われても 良くわかりません。






女性の生殖系ガン(特に乳ガン、卵巣ガン)


などにより、出産率は低下するでしょう。




結婚しても放射線の影響を恐れて


子供を産まない女性が増えると思われます。




肺ガン、骨のガン、肺ガン、胃ガン・・被爆して怖いのは・・やはり、癌です。



大人の急死も起こります。



高血圧、心臓まひ、脳の病気や腎臓の病気なども増えることが考えられます。







体内に入る放射線量が同じであっても、


栄養状態によっても、細胞への影響は変わります。



特に放射線を強く受けた場合には栄養状態が大きく影響するのです。






この様に、安心な量の放射線であっても


栄養状態によって体への影響は同じではないのです。






放射線物質から自分や家族の身を守る唯一の方法でくわしく。






細胞の質の違い(体質の違い)では、


人によって同じ量の放射線でも影響は違ってきます。



日ごろから強い体質になるように心がけておきましょう。






同じ量の放射線でも被害を抑え、


自分や家族を放射線被ばくから守る唯一の方法。


 詳細はこちらをクリック http://78q.biz/0/dk2q3/




 山田博士の「放射性物質対処法!即実践マニュアル10」

 多汗症の悩み、完全治療マニュアル

 自宅で放射線被ばくから身を守る唯一の方法



posted by kazugen at 08:17| 放射能汚染 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。